商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.12.3(火)

ネクストエナジー・アンド・リソース
分散型エネルギー資源の普及拡大に向けた取り組み加速で出資契約を締結!

自然エネルギー関連事業を展開するネクストエナジー・アンド・リソース(社長:伊藤 敦氏)は、このほど北陸電力(社長:金井 豊氏)と出資契約を締結した。

北陸電力は、電気事業を中心に北陸地域を基盤に総合エネルギー事業を展開するほか、また、電源の低炭素化に向け再生可能エネルギーの導入拡大に取り組んでおり、長期ビジョンでは、2030年度までの目標として再生可能エネルギーの発電電力量比率3割を掲げている。

一方、ネクストエナジー・アンド・リソースは2003年設立以来、太陽電池モジュールをはじめとする関連部材の開発・販売から発電設備の建設・保守管理まで、太陽光発電をトータルにサポートする事業を展開。今後は、再生可能エネルギーの主力電源化を次期エネルギー産業の課題ととらえ、自家消費型太陽光発電システム事業、定置型蓄電システム事業、既設太陽光発電設備の支援サービス事業の三事業を中核として、IoTプラットフォームを活用した分散型エネルギー資源の高度利用の実現を目指している。

両社の資本提携により、北陸電力が長年培ってきた電力の安定供給に関する知見やノウハウと、ネクストエナジー・アンド・リソースが創業より10年以上かけて蓄積した太陽光発電技術を融合し、蓄電池や太陽光発電を活用した事業を通じて、分散型エネルギー資源の普及拡大に向けた取り組みを加速させていく。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。