商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.11.27(水)

産業環境管理協会と日本経済新聞社
12月5からエコプロ2019開催。SDGsを推進、「社会インフラテック2019」と「気候変動・災害対策Biz2019」同時開催

産業環境管理協会と日本経済新聞社は12 月5〜7日の3 日間、東京ビッグサイトにて“持続可能な社会の実現に向けて”をテーマに「エコプロ2019[第21 回]」を開催する。

1999 年に初開催、地球環境課題の解決に向けて数多くの取り組みを紹介してきた同展は今年で開催21回目。今回も環境問題への対応を中心にさまざまな企画を展開。企業、自治体、NPO、大学など482 社・団体が出展(10 月25 日現在)、3日間で16 万人の来場を見込み、日本最大級の環境総合展示会として、持続可能(サステナブル)な社会の実現を提案する。

今年のエコプロのテーマは「持続可能な社会の実現に向けて」。エコプロは次世代技術や製品、サービス、CSR活動、環境保護活動、環境政策、産学官連携などの最新動向を紹介、環境への関心の高い一般消費者やビジネスパーソン、行政・自治体、NPO、環境教育を目的とした学生、報道関係者など、環境を取り巻く多様なステークホルダーが一堂に集う、他に類を見ない展示会。

ESG 情報開示や海洋プラスチックごみ対策を紹介する「SDGs EXPO 2019」(西3 ホール)、SDGs をテーマにさかなクンや吉本芸人がライブステージを行う「特設ステージ」(西4 ホール)、国内外の有識者を招き新たなSDGsモデルを発信する「日経SDGs フォーラム シンポジウム」、SDGs 経営に積極的に取り組む企業を表彰する「第1回『日経SDGs 経営大賞』表彰式」など、SDGs に関連する多様な企画を、さまざまな視点から多面的に推進する。

エコプロ展との併催で、社会資本の老朽化対策や長寿命化に貢献する技術や取り組みを紹介する展示会「社会インフラテック2019」、気候変動を抑制するための環境・再生エネルギー技術や防災・減災ソリューションを集めた展示会「気候変動・災害対策Biz2019」を南1・2ホールで開催する(会期は12 月4〜6 日)。

エコプロ2019開催概要はこちら
エコプロ2019の主な企画はこちら

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。