商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.11.21(木)

竹中工務店
ロボットの作業を容易にする新溶接工法開発。高層建物への適用に向けた実証実験着手

可搬型の溶接ロボットによる検証
竹中工務店 (社長佐々木正人氏) は高層建物の鉄骨柱の溶接にて、 ロボットの作業を容易にする新溶接工法 (特許出願済) を開発した。

新工法は溶接する柱の角に仕切り部分を設け、それぞれのロボットの作業範囲を明確にする事で、 柱の角も含めロボットによる溶接を容易にするもの。

これまで人が行っていた溶接作業をロボットが代替により、 人にかかる負担の軽減、 熟練溶接技能者の高齢化や減少への対応、 建物の安定した品質確保を実現する。
新工法と従来工法の比較

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。