商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.11.20(水)

日立産機システム
新型空気圧縮機「Gシリーズ」発売

日立産機システム(東京都千代田区神田練塀町3、社長荒谷豊氏)は、業界最高レベルの吐出し空気量と耐環境性を向上させた新型空気圧縮機「G シリーズ」(給油式22kW/37kW=写真)を12月に発売する。

Gシリーズは、新開発のエアエンドを搭載、日立独自の衝突給油方式(特許出願中)により、吐出し空気量を従来機(NEXTVシリーズ)比で最大約9%向上させ業界最高レベルとしながら、エネルギー効率を従来機(同)比最大約6%改善することで、省エネルギー性能も向上した。夏場などの温度が高い場所での運転が必要な場合、ヒートセーフティーモード機能により自動的に空気量を低減、周囲温度が50℃まで運転を継続、ラインの停止を防ぐ。

さらに、24時間リアルタイムに状態監視が可能なクラウド監視「FitLiveサービス」に対応。また、工場のライン増設時などGシリーズを複数台使用する場合は、専用の台数制御盤を使用することなく、シリアル通信による接続で最大6台まで台数制御が可能となり、フレキシブルな対応を実現した。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。