商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.11.9(土)

小池酸素工業
水銀灯代替高天井LED「HIGHLIGHT」提案

小池酸素工業は、工場現場の明るさ確保と電力コスト削減に寄与する水銀灯代替高天井LED「HIGHLIGHT」を提案している。

同照明器具は小池酸素工業の製造工場(テクノセンター)全棟で使用し、実際に効果が得られたことから提供を開始したもので、作業現場の環境改善、毎月の電力コスト削減に大きく寄与する。

「HIGHLIGHT」は江東電気が製造するもので、さらに効率アップを図った最大167jm/Wを実現し、消費電力とCO2を最大90%削減。LED moduleIP65、電源IP67の防水仕様。筐体にマグネシウム合金を採用したことで軽量化を実現。取付け追加工事が無く、施工が簡単に行える。製造業の省エネ対策に効果的な仕様で、高輝度、長寿命により節電効果を最大限に発揮する。

「HIGHLIGHT」はレンズの落下を防止するため、金属リングでレンズを固定。呼吸キャップの落下防止のために最適な設置位置設計を実現したほか、光のムラを無くすための独自のレンズカットデザインを採用した。乳白カバー型とレンズ型の2種類のカバータイプを用意。アームの種類は「吊り下げ型」と「アイボルト型」の2タイプの固定型と、「投光器型」を用意している。

「吊り下げ型」および「アイボルト型」は施行が容易なほか、メンテナンス作業が困難な場所にも使い易くなっている。また「投光器型」はアーム角度を変更でき、様々な場所に取付けできる。

小池酸素工業ではテクノセンターの全棟に「HIGHLIGHT」をはじめとする江東電気の様々なLED照明器具を導入。作業現場が明るく、快適な作業環境により、作業効率が向上。点灯待機時間の短縮により、休憩直後に直ちに作業を開始できるなど、電気代も年間230万円以上削減。交換頻度も低減するなど作業者の余計な負担も軽減し、設置後およそ3年で導入コストを回収した。

関係者によれば、「LEDは寿命が長い。短期間で導入コストが回収でき、回収後は次の導入コストをLED照明自ら稼ぎ出している。当社のお客様にもぜひお試しいただきたい」と話している。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。