2019年8月8日(木) 第3309号 週刊(毎週木曜日発行)
 ★ 研削盤・研削砥石/精密測定機器 特集 ★
  • 機械設備 6割が保有10年超、一方で更新も進む
    ・IoT 9割が関心も、導入は34%どまり
    ・設備更新83% 能力増強80%
    ・人材不足対応は13%、研究開発は12%
▼先日、駅で「5分ほど電車の到着が遅れます」という構内アナウンスがあった。夏の暑さで一部の線路が歪み、その区間を電車が徐行運転して来るのだという。最近の夏ではありがちな話だ。
▼ただ、こうも毎年酷暑が続くようでは、今後はもっと頻発するようになるに違いない。そして、その対応策も練られているのだろう。屋根の下でも猛烈に暑い構内に立ち5分遅れの電車を満たす冷房に焦がれていると、軽く伸びた頭の中に伸びた鉄の線路が容易に想像できる。
▼金属も少なからず熱で膨張する。それは、工作機械にとっても頭痛のタネだ。工作機械の高度化のためには、熱との闘いは決して避けることができない永遠のテーマだ。
▼一方、最近の工作機械受注の熱?は下降気味だ。6月の受注額が、32カ月ぶりに1 000億円を割り込んだ。こちらの熱は、一向に下がらなくても構わないのだが…。
    研削盤・研削砥石 特集
  • ユナイテッド
    グラインディンググループ
    ワルターエワーグジャパン
    池田社長と
    スチューダグロッセンバッハー
    セールスディレクター
    ユナイテッド・グラインディンググループ MECT出展に向け顧客満足度の追求に邁進、新規ユーザー拡大に全力
  • 30年度研削砥石出荷販売 前年比1.7%増
  • シギヤ精機製作所 高速CNC偏心ピン研削盤 「GPEL‐30B 25」
  • 日本レヂボン スキルタッチプレミアムSP
  • ニューレジストン NRS超硬バー 増量キャンペーン 9/30まで
  • 関西超硬工業会
    50周年記念式典
    廣尾会長挨拶
    関西超硬工業会が設立50周年
    ・時代に対応したネットワークを確立
    ・協調体制確立し用途拡大へ
    ・1966年に33社で発足。副資材の共同購入や各種親睦イベントを展開
  • 健闘する耐摩工具生産 上期生産208億円、1.3%の微減
  • FOOMA JAPAN2019
    デンソーウェーブ
    「ソフマティックス」
    「FOOMA JAPAN2019」 ロボット化で食品製造プロセスを自動化・省人化
    ロボットメーカーなど実機デモやパフォーマンス
  • デンソーウェーブ ロボット組合せで袋麺放送 前工程自動化を実演
  • ダイドー 食の安全から自動化・省力化までトータル提案
  • メイキコウ 自動積込・荷降ろしシステムなどトラックワード周辺を合理化
  • 建機出荷は7か月連続上昇で依然好調
  • メインマーク 栃木小松フォークリフトと業務提携
  • テクノア 中小企業診断士などHP上に資格保持社員の情報を公開
  • 油研工業 米カリフォルニアに販売・サービス子会社
  • TONE 鈴鹿8耐SSTクラス参戦し優勝
  • ロブテックス 働き方改革で服装ルール変更
  • 精密工学会 9月4日に新技術講演会など開催
  • 三笠製作所 8、9月に無料技術相談会開く
    精密測定機器 特集
  • ミツトヨ MiSTAR555
    ダイセイ マイクロメーター「エレミック」シリーズ
  • 東日製作所 二度締め検出機能付き無線式単能形ポカヨケトルクレンチ
  • ミツトヨ CNC三次元測定機「MiSTAR555」
   <新社長インタビュー >
  • 伊東電機
    伊東徹弥社長
    伊東電機 伊東徹弥社長 「モーターローラ生産能力1.5倍に拡大」「工場と物流の自動化など将来見据え6事業確立へ」
   <納涼会 >
   <新製品・新商品 >