2017年5月11日(木) 第3231号 週刊(毎週木曜日発行)
 ★ コンプレッサ/物流搬送機器 特集 ★
  • 工作機械受注 7年連続1兆円超え
    ・小型工作機械も回復基調
  • 日工会新会長に飯村幸生氏(東芝機械会長)
▼「職人芸は肉体労働か、頭脳労働か?」ある一般人向けのAI(人工知能)講演会で、女性からこんな質問が飛んだ。
▼経済学者として名高いケインズは、90年近く前に「100年後、生産性が上がれば1日3時間働けば満足できるだろう(孫たちの経済的な可能性)と予見している。ロボットが生活の中に組込まれ、AIが発達すれば、人の働く場が減る。
▼その中で、低所得の肉体労働者は減り、創造性や経営管理などの頭脳労働者は高所得の恩恵を受けて生き残り、生活レベルの格差が拡大していくと予想されている。工芸品、美術品、超高品質の金型など、熟練の技術を持つ職業はAI時代でも市民権が得られる。
▼一方の肉体労働はロボットに置き換えられ、匠の業のノウハウの一部もデジタル化される。日本の人口が減少する中で人不足は恒常的になるが、AIがそれを補う日は近い。 ズは、90年近く前に「100年後、生産性が上がれば1日3時間働けば満足できるだろう(孫たちの経済的な可能性)と予見している。ロボットが生活の中に組込まれ、AIが発達すれば、人の働く場が減る。
▼その中で、低所得の肉体労働者は減り、創造性や経営管理などの頭脳労働者は高所得の恩恵を受けて生き残り、生活レベルの格差が拡大していくと予想されている。工芸品、美術品、超高品質の金型など、熟練の技術を持つ職業はAI時代でも市民権が得られる。
▼一方の肉体労働はロボットに置き換えられ、匠の業のノウハウの一部もデジタル化される。日本の人口が減少する中で人不足は恒常的になるが、AIがそれを補う日は近い。
  • ジェムス 金子社長
    鍛圧機械受注(16年) 3.4%減少―国内9%減、輸出0.5%増
  • 型技術協会 6/19・20に総会と会議
  • 第27回型技術協会賞決定
  • ジェムス 第32期総会
  • 太陽工機 6/22・23にプライベートショー
  • 東芝機械 18日から3日間、ソリューションフェア
  • 東京都工作機械協同組合 中古入札会開く
   < 工作機械最新加工技術 特集 >
  • 「CIMT2017]NTツールブース
    「CIMT2017」見聞録 需要急回復で生産・販売体制強化
  • 韓国商品展示・商談会開く
  • スーパーツール トルク管理のIoT
  • 研削砥石工業会 新会長に小倉久也氏
    18日から「MEX金沢2017」
   < 出展製品紹介 >
   < 作業工具 特集 >
  • エンジニア 鉄腕ハサミDP
    兼古製作所 六角穴付きボルト用ネジとりインパクト
  • エンジニア 多様な切断素材に対応「鉄腕ハサミDP」
  • フジ矢 ギア付モンキーレンチ「FGL-38-BG」
  • レッキス工業 超寿命、低消費電力 無電極プラズマランプ
  • 空研 N型エアーインパクトレンチ「KW-3800Prox」シリーズ
   < 市場拡大 揚重機器 >
   < 工具研削盤 特集 >
  • 大機器協 中山新理事長
    大機器協 新理事長に中山哲也氏を選任
  • OMJC 新会長に大竹正晃氏
  • 愛機工 11月に東京で全機工連若手交流会
  • 愛機工 第77回野球大会が開幕
  • 名古屋伝導機商組合 総会開く
  • タナカ善 「虹の会」が総会
  • オーエスジー 「PowerClamp」キャンペーン展開中
  • カトウ工機 中部営業所にバリ取りテストルーム開設
  • 昭栄産業 5/19・20に第36回STF昭栄テクニカルフェア」
  • DAKOKO ダココ・ジャパン開設