2019年10月9日号(水) 第1787号 月4回(第1〜4水曜日発行)
  • 中小企業設備投資横ばい、19年度も4割超計画
  • 8月の新設住宅着工7.1%減、2カ月連続前年下回る
  • 主要住設機器市場拡大、省・創エネ関連が牽引
○…「無茶な依頼 しないさせない 受け入れない」―今年度の下請取引適正化推進月間(11月)のキャンペーン標語が発表された。公正取引委員会と中小企業庁が取引適正化を効果的にPRするため標語を公募し入選作品5点を選んだ。冒頭にあげたのはその特選作品である。この標語、下請取引以外のことに流用しようとしても当たり前に過ぎる。〈至極当然〉が特選作品に選ばれること自体、問題の深刻さを浮き彫りにしている。
○…あとの4点の入選作のうち、すべてに「対価」や「価格」の言葉が含まれている。下請企業にとって値段は最も大事なものであろう。ただ、建設業界では「下請代金の不払い」という悪質なものもあるほか、追加・変更工事の代金出し渋りや遅延など日常茶飯事だとの声も多い。ある中小の管工事業者は自嘲気味にいう。「社長の大きな仕事は注文をとるのと、追加・変更工事代金をもらうこと」。ちなみに、6年前、平成25年のキャンペーン標語の特選作品は「下請代金 きちっと払って 築こう信用」。遅々として改善しない現状に溜息が出る。
  • 建築・土木技能体験フェア
    大手建設業の国内売上高7年連続増加、18年度15兆835億円、2.6%増
  • 建築・土木技能体験フェア開催、職人技をアピール
   <業界ニュースファイル>
  • アズビル金門など:水道検針スマート化、旭川市で実証実験開始
  • ノーリツ:障害者雇用優良事業所でグループ子会社を表彰
  • 大京穴吹工務店:今年度高層ZEH−M支援事業で11事業採択
  • パロマ:コンロ「アバンセ」がキッズデザイン賞
  • リンナイ:ビルトインオーブンをモデルチェンジ
  • 建築設備技術者協会
    JABMEE講習
    8月の東京地区管材商景況動向、景況感再びマイナス局面に
  • 日本バルブ工業会、11月20・21日にバルブ初級研修を開催、受講者募集
  • 建築設備技術者協会、講習会「建築設備のザ・トラブル」開催、腐食事故の予防法紹介
  • 昭和電工建材 ケイプラ会
    懇親会
    前田建設工業建築事業本部
    反保善夫設備設計部長が乾杯
    19年上期の機械工業生産2年ぶりマイナス、国内堅調も輸出に減速感
  • 昭和電工建材 「ケイプラ会」が実務者研修会、「遮音FDP」解説
  • ユアサ商事、GF受注総額1346億円、来場者総数は6万1289人
  • ノーリツ、ウォームビズ推進イベント、19日に産官学連携で開催
  • 日本包装産業展、29日から4日間幕張メッセで開催
  • パロマ、機構改革と人事
  • CKサンエツ グループ人事
  • リンナイ
    デザインを刷新した新給湯器
    森村グループ4社、SOFC実用化へ合弁会社の概要決定
  • 4〜6月の鋳鋼生産3.6%減少、鍛鋼も7.9%下回る
  • 三菱電機、空冷式ヒートポンプチラー「DT−RV」来春発売
  • パーパス、業務用50号スリムマルチ給湯器用防風カバー発売
  • リンナイ、新給湯器「RUF−E2406シリーズ」デザイン統一
  • スタンレーブラック・アンド・デッカー、ツールボックス新シリーズの国内展開開始
  • 中小企業の景況緩やかな改善基調も一服感、7〜9月期業況DI3期連続低下