2019年3月20日号(水) 第1767号 月4回(第1〜4水曜日発行)
  • 公共工事労務単価4.1%引き上げ、配管工は4.2%上昇
  • 昨年の環境装置受注2年ぶり増加、6491億円、1%増
  • 昨年の設備工事受注堅調、管工事は3.6%増加
○…「建設キャリアアップシステム」の本格運用開始(4月1日)が迫ってきた。技能者の資格や社会保険加入状況、現場の就業履歴などを業界横断的に登録・蓄積する仕組みで、システムの活用により、技能者が能力や経験に応じた処遇を受けられる環境を整備し、将来にわたって建設業の担い手を確保するのが狙い。ゼネコン・サブコンはともかく、その下請となる本紙関連の〈配管・ダクト・保温保冷〉工事業界では、仕組みの理解度がいま一つで、戸惑いが広がっている。
〇…「育てた技能工のためにも会社で(技能者)登録をきちんとしてあげたい」と積極的な姿勢の業者がいる一方で、「個々の技能者の能力評価により、賃金アップにつながるとは思えない」など様々な疑心暗鬼を持つ業者もあり、「サブコンからの要請に応じて取りあえず事業者登録だけはしておく」とする業者が多いように見受けられる。ゼネコンが中心になって進めている働き方改革の一環としての〈現場土休〉など建設現場が次第に変わろうとしていることもあり、設備業界の混乱は当分続こう。
  • 京都管工機材商業協同組合
    研修会
    昨年の建機出荷過去最高、8.1%増、ミニショベル好調堅持
  • 京都管工機材商業協同組合が研修会、“共感と信頼”生む組織作り
   <業界ニュースファイル>
  • リンナイ:カラオケも楽しめる大画面浴室テレビ
  • 住友商事:LNGバンカリング船の建造契約を締結
  • 東日製作所:天皇陛下御在位30年記念社内行事開く
  • モノタロウ:間接資材総合カタログ春号を発刊
  • TOTO:「健康経営銘柄」に5年連続で選定
  • クリナップ 高知ショールーム
    料理教室等も行える
    キッチンスタジオを新設
    昨年12月の東京地区管材商景況動向、景況感先行き不透明感増す
  • 愛知県管工機材商業協同組合、工作機械工場見学会と危機回避・安全管理セミナー開く
  • クリナップ、高知ショールームを移転オープン
   <3月21日「バルブの日」特集>
  • バルブフォト 川柳コンテスト
    最優秀作品賞 バッタさん
    高まるバルブの重要性、バルブフォト五七五コンテスト最優秀賞など決まる
   <「バルブの日」に当たって>
   <オーケーエム 村井米男社長に聞く>
  • バルブは必要不可欠、認知度向上へさらに注力