2018年9月12日号(水) 第1749号 月4回(第1〜4水曜日発行)
  • 建機需要引き続き堅調、今年度2兆3709億円、5%増
  • リフォーム市場堅調維持、毎年6兆円の需要創出
  • 大企業の情報化投資が増加傾向、人手不足で進展
  • 昭和コーポレーション、配管支持金具など値上げ、12月出荷分から30%以上
  • 第41回関西GF、14・15日に開催(関連記事4〜7面)
○…西日本豪雨、大阪府北部地震、台風20号・21号、さらに北海道の地震と、この夏は〈災害列島〉の感すらある。夏、秋は台風・豪雨がつきものだ。立春から210日目、台風の襲来が多いことから警戒するべき厄日「二百十日」はよく知られるが、9月10日頃の「二百二十日」も同じく厄日である。この頃は豪雨による浸水被害が発生しやすいとして、9月10日は「下水道の日」に制定されている。
○…下水道は家庭や工場で発生した汚水を処理場に運ぶとともに、雨水を河川や海に放流する役割も担う。近年のようにゲリラ豪雨と呼ばれる大雨が度々発生するようになると、この雨水処理能力の重要性が増している。先の西日本豪雨では、広範囲に浸水被害が起きて排水問題への認識が高まった。全国の下水道普及率は80%に迫っている。未普及地域は過疎の山農漁村が多く、様々な問題を抱えており、地道な取り組みを続けていかなければならないが、それと併せて都市部の下水道では雨水排水能力の増強が急がれる。ポンプなど関連機器の機能向上への期待も大きい。
  • 橋本総業 賑わう会場
    橋本総業、「関西みらい市2018」盛況、“商談の場”で賑わう
  • ノーリツ、ZEH普及へセミナー、「ユコアHYBRID」PR
  • ノーリツ、キッチン開発子会社解散、トクラスに業務委託
  • ワキタ、「2018ジャンボフェア」を15・16日の2日間開催
  • 岡部バルブ工業、新社長に岡部健氏が就任
  • ユアサ商事炭協会関西地区
    流体設備部 総会
    ユアサ商事、炭協会関西地区流体システム部会総会、関西GF成功へ全力
  • 千葉県管工機材商組合、マナー研修会開催
  • 昭和電工建材、関西ケイプラ会が講習会、「遮音FDP」など説明
  • TOTO、「きれい除菌水」搭載ウォシュレット、国際的環境賞を受賞
  • CKサンエツ 決算、売上高と営業利益が増加
    関西GF 特集>
  • 14・15日にインテックス大阪で開催、主催社142、出展メーカー385社
  • 受注目標は255億円、来場者1万3800人めざす
  • ユアサ商事 岡部関西支社長
    開催に当たって:ユアサ商事執行役員関西支社長岡部文雄氏
    新市場開拓の機会、事業展開のヒント提供
  • 関西グランドフェア本紙関連ブース小間図
   <第41回関西GF出品製品紹介>
   <第41回関西GF出品製品紹介>
  • 三菱電機 ジェットタオルミニ
    鶴見製作所:高圧洗浄機「ラクセルHPJ−470ES」
  • マルボシ:ダイヤフラムバルブ
  • グローベン:地中埋設型雨水貯留タンク「アンダータンク」
  • 三菱電機:本体厚さ140mmのハンドドライヤー「ジェットタオルミニ」
  • ノーリツ:入浴事故防ぐ給湯器「GF−C62シリーズ/ユコアHYBRID」
  • アンレット:プレミアムパッケージポンプ「FTP型」
  • パーパス:厨房の光熱費を大幅削減業務用ハイブリッド給湯システム
  • 東尾メック:ステンレス薄肉管用新拡管式継手「KKベスト」