2018年4月25日号(水) 第1736号 月4回(第1〜4水曜日発行)
  • 環境ビジネスいぜん好調、温暖化対策分野が牽引
  • 積水化学工業、生産拠点効率化へ再編、2子会社を統合
  • イシグロ、九州で事業拡充図る、管材・設備商社2社グループ化
  • キッツ、青黄銅弁など値上げ、5月出荷分から7〜10%
  • クボタケミックス、塩ビ管など値上げ、5月21日から平均10〜15%以上
○…新設住宅着工がしぼみ続けている。昨年前半は前年比、微増・微減を繰り返していたが、7月以降、直近統計の今年2月まで8か月連続して前年実績を割り込んでいる。2017年度の着工件数は前年度比3・5%減(建設経済研究所)が見込まれる。中長期見通しもおおかたが低水準を予想し、管工機材・設備機器業界ではリフォーム・リニューアル市場に軸足を移す動きが一段と活発化しそうだ。
○…一方、工場など生産施設の建設は増大傾向にある。経済産業省まとめの昨年の「製造業等」(製造業、ガス業、熱供給業)の工場立地件数は前年比1・7%増、立地面積は9・4%増となり、件数、面積ともリーマンショック後(09年以降)2番目の高水準となった。自動車や食料品、金属製品、生産用機械などの立地面積が大きく伸びている。この分野の管材・設備機器は住宅向け製品と異なるものも多く、メーカーは進出するのにかなりのコストと時間を要するが、商社はその気になればできよう。住宅建設に多くを望めない今、商材の拡充・新市場開拓が発展のカギとなろう。
  • 荏原製作所
    ベトナム向けポンプ
    出荷前 富津工場
    第20回「日本水大賞」決定、大賞は「川に学ぶ体験活動協議会」に
  • 荏原製作所、ベトナムに大型水中モータポンプ出荷
  • オーエヌ工業、名古屋ものづくりワールドに出展「ナイスジョイント」アピール
  • キッツ、長坂工場に水素ステーション完成、運用実証へ
  • 平田タイル、神戸事業所落成披露
  • パーパス、熊本営業所移転
   < 各用途でニーズに対応する配管システム機器材 >
  • オンダ製作所 RPL3-13
    オンダ製作所、CAPORI給水・給湯配管システム
  • アイエス工業所、新設・既存受水槽用「ジャスト給水システム」
  • ヨシタケ、蒸気用減圧装置「PRV Station」
  • 東日製作所、マーキングトルクレンチ「MCSPシリーズ」
   < 期待に応える高耐久性ステンレス製品 >
  • アキレス、アキレスジョイント「ステンレスタイプ」強化型
  • コンサス、分割式サニタリーボールバルブ「CSSD−FS3」
  • フジトク、ペンテェアズドモハイジェニックバタフライバルブ
  • 東尾メック、ステンレス薄肉管用新拡管式継手「KKベスト」
  • 一ノ瀬、「針球弁(ニードルボールバルブ)」