2018年2月14日号(水) 第1729号 月4回(第1〜4水曜日発行)
  • 昨年のエアコン国内出荷堅調、家庭用892万台、6.9%増、業務用も好転
  • 昨年11月の新設住宅着工微減、5カ月連続前年下回る
  • 昨年のリース事業低調、土木機械は取扱額6%増
  • 因幡電機産業因幡電工事業部、被覆銅管など値上げ、4月から10〜15%以上
○…理美容師にとってハサミは一番の商売道具だが、切れ味を保つには研ぎ続けなければならない。自分で研ぐか専門の研ぎ屋さんに出すかはともかく、大変な労力やコストがかかる。あるセラミックメーカーから「いっさい研がなくていい」ハサミが売り出されたことがある。―かなり高価だったが、飛びついて買い、使ってみてがっかり。カットした髪の毛が四方八方に飛び散り、使える代物ではなかった―と、馴染みの理髪店主から聞いた。開発した人は「夢のハサミ!」と自信満々、世に出したことだろう。
○…熟練配管職人さんからこんな話を時々聞く。「あの新しい配管工具、性能は申し分ないが、何だか手になじまない。慣れるかと使ってみたけど結局やめた」。メーカーの技術者が陥りやすい〈独りよがり〉は当業界でもあるようだ。2017年版ものづくり白書もこう指摘する。「高性能なものを作れば売れるという技術中心の製品開発でなく、ユーザーに寄りそった観察でものづくりを行う思考が重要である」と。従来品でも現場の声を拾いあげて改良すればヒット商品に生まれ変わるかも。
  • KVK 新総合カタログ
    昨年11月のポンプ受注2カ月ぶり減少、279億円、5.2%減
  • イシグロ、新町管材を買収、西日本の営業基盤強化
  • リンナイ、「エコワン」ガス給湯器、HEMS連携先拡大
  • KVK、新総合カタログ刊行
  • 軽金属製品協会、事業体制の再構築図る、会員の課題解決へ
  • 29年度大阪府商工関係者表彰、大阪管材商協組 2理事が受賞
  • 昨年11月の東京地区管材商景況動向、景況感さらに上向くプラス幅拡大
  • 昨年11月の建機出荷26.6%増、油圧ショベルなど好調
  • 昨年12月の建設労働需給、配管工は1.4%の不足
  • ダイヤモンド工事業協同組合、業務安全講習会を3月11日から開催
   <HVAC&R JAPAN2018
   <各地で新年会>
   <各地で新年会>