商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.11.5(火)

東急不動産・鹿島建設
竹芝地区開発計画の街区名称が決定

(商標登録出願手続き中)
東急不動産(本社・東京都港区、社長大隈郁仁氏)と鹿島建設(本社・東京都港区、社長押味至一氏)は共同で開発中の 「(仮称)竹芝地区開発計画」の街区名称が「東京ポートシティ竹芝 TO KYO PORTCITY TAKESHIBA 」に決定した。

東京都「 MaaS の社会実装モデル構築に向けた実証実験」に参画決定 などスマートシティの 実現や国際ビジネス拠点化に向けた街づくりが進捗する。「Business-Airport Takeshiba(ビジネスエアポート竹芝)」の開業が決定。オフィスタワーの8階には東急不動産が都内で展開する会員制シェアオフィス「Business-Airport Takeshiba(ビジネスエアポート竹芝)」が開業。東京湾や広い空の眺望を積極的に取り込み、開放的でありながら連続性のある空間を演出。サービスオフィスには新たなパーティションタイプを用意、利用シーンに応じた柔軟な空間活用が可能となる。

オフィスタワー内8階「ポートスタジオ」は最大約250m2のスペースで、撮影スタジオ・ハウススタジオの2 つの用途に最適な設備を備え、企業の映像撮影をサポート。1階の「ポートホール」はシアター形式で最大500 名を収容、イベントホールとして国内最大級の400インチワイドスクリーン2 面と4K対応20,000 lmプロジェクターからなる都内有数の映像設備を常設、展示会・e スポーツ・セミナー・講演会など様々なイベントにも対応が可能。

参考資料はこちら
Business-Airport
ポートホール・ポートスタジオ
東京ポートシティ竹芝の位置

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。