商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.11.5(火)

荏原製作所
広島市新千田ポンプ場の増設工事を受注

広島の中心市街地は太田川の低地部に位置し満潮時は地盤が海水面よりも低くなるという特徴があり、近年の異常気象が引き起こす大雨による浸水の対策として、ポンプ場には排水能力を増強し、更なる被害を軽減させる事が期待されている。

荏原製作所(荏原、代表執行役社長浅見正男氏)は広島の市街地における雨水時の排水を担う新千田ポンプ場(機場)にて、機械設備工事を受注した。

今回受注した全速全水位先行待機型ポンプは急激なゲリラ豪雨による大量の雨水流入にも対応可能な設備。 今回受注したポンプと従来ポンプを合わせ、同機場の総排水能力は従来の1.4倍となった。
<工事概要>

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。