商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.10.25(金)

トライエンジニアリング・イワタツール
MECT2019で「ロボットで現場が変わる」と題したコンセプトゾーンを企画開設

MECT2019では、人手不足や生産性向上の期待から産業用ロボット、自動化・無人化システムなどの導入ニーズが拡大している点にスポットを当て、中小企業に最適な産業用ロボットの活用法や高度化したシステムなどを紹介する「ロボットで現場が変わる」と題したコンセプトゾーンを企画開設し、ロボットで描く近未来の新たな生産現場の可能性に迫った。

コンセプトゾーンでは「ロボット切削で広がる可能性」「軽くて小さいロボットはこう使う」「重筋作業を肩代わりする」「小型部品を一緒に組み立てる」の4つのテーマに関連したロボットシステムが並び、併せて各社の取り組みや活用法などのセミナーも開講。

「ロボット切削で広がる可能性」をテーマにセミナーを行ったのが愛知県のSIer トライエンジニアリング、イワタツール。

トライエンジニアリング(社長片山誠二氏)はロボットの可能性に挑戦する「ROBOLUTION」を標榜。世界に先駆け、自動車のドアなど板金部品の外周を折り返し加工する「ロボットヘミングシステム」や研磨作業の自動化を進める「ロボットポリッシングシステム」、摩擦攪拌溶接を実現した「ロボットFSW」などニーズに先行する開発を進めている。今回のMECT2019コンセプトゾーンには多様な切削加工を高精度に行う「ロボットマシニングシステム」を提案。

イワタツールは小径ドリルを中心に焼き入れ鋼にも高速・高精度に穴あけができる工具を提供、ニッチ分野ながら他の追随を許さないと評判の切削工具メーカー(社長岩田昌尚氏)。

ロボットマシニングシステムはこれまで精度、剛性面などから難しいとされていたロボットによる切削加工に国内で初めて取り組み、製品化を実現。安川電機の高剛性ロボットGG250を使い、立・横・上面に取り付けたワークを加工し、また、加工時に給油や集塵なども補助ロボットで行う。イワタツール製の高精度小径穴加工用マイクロドリルやカトウ工機のロボット用に開発した新形タッパーなどアタッチメントを自在に使い、多様な切削加工を提案した。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。