商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.10.24(木)

シチズンマシナリー
フランス販売会社とスペイン代理店の完全子会社化。欧州販売体制を強化

Hestika社 新社屋完成予想図
Egasca社 本社外観
シチズンマシナリー(本社・長野県北佐久郡御代田町、社長中島圭一氏)は重要拠点の一つである欧州の売上拡大に、フランス販社とスペイン代理店の完全子会社化に向けた株式売買契約を締結した。

欧州市場の足元は減速傾向にあるが、複合化や自動化のニーズを背景に中長期的に成長が見込まれる。工作機械市場規模は、欧州域内でフランスが3位、スペインが5位と有数の規模で、同社のLFV(低周波振動切削)技術搭載機や高機能機販売も好調。この度の子会社化で、欧州の販売子会社は5社となり、迅速な営業活動に加えて、ビフォアー・アフターサービスも強化、顧客対応力向上を図る。

Hestika France S.A.S.(Hestika社)は69年設立の工作機械の代理店で、96年からフランス市場における同社製品の代理店として販売・サービス活動を行っている。08年に51%出資、子会社となったが、フランスでの今後の事業拡大を見据え、残りの株式売買契約を19年7月19日に締結し、完全子会社化となった。Hestika社のあるフランス南東部は自動車、医療、航空機といった産業の部品加工が盛んで、今後の市場成長に伴う事業拡大を見込み、ビフォアーサービス(受注前顧客対応)の強化やショールームスペースの拡大などのため、新社屋を建設、来月に竣工する。

Egasca S.A.(Egasca社)は52年設立の工作機械代理店で、83年からスペイン市場における同社製品の代理店として販売・サービス活動を行っており、各種エンジニアリング対応に高い評価を得ている。Egasca社のあるスペイン北部のバスク地方は、同国の工業の中心で自動車、家電、通信などの産業が盛ん。スペインでの販売・サービス体制をさらに強固なものとするため、株式売買契約を19年9月16日に締結、子会社となった。

Hestika社について
・所 在 地:5 avenue Joffre, 94160 St Mande, FRANCE
・従業員数:26人
・売 上 高:1,800万EUR(約22億円)(2018年度)
<新社屋概要>
・所 在 地:ZAE des Lacs 3, 1385,Avenue du Mole 74130 AYZE, FRANCE
・敷地面積:約5,000m2
・延床面積:約2,200m2
・投資金額:約200万EUR(約2.5億円)
・竣 工:2019年11月28日(予定)

Egasca社について
・所 在 地:Poligono Industrial Erisono 2, 20600 Eibar (Gipuzkoa), SPAIN
・従業員数:18人
・売 上 高:1,800万EUR(約22億円)(2018年度)

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。