商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.10.11(金)

日立産機システム
空気圧縮機事業、北米製造能力を強化。サルエアー社工場拡充

鍬入れ式
ミシガンシティ市長などが来賓参加
日立産機システム(東京都千代田区神田練塀町3、荒谷豊氏)は、米国で共に空気圧縮機事業を手がけるSullair,LLC(サルエアー社、CEO:ジャック カールソン氏)の主要工場であるミシガンシティ工場の敷地を拡張し、生産設備を強化する。

2017年に日立グループの一員となったサルエアー社は、65年に設立された米国の空気圧縮機メーカー。ミシガンシティ工場は、建設現場などで使用するポータブル空気圧縮機に加え、自動車、化学、食品・飲料他産業用、および世界中のオイル&ガス分野で使用されている空気圧縮機も製造している。

投資規模は約3000万米ドル。拡張計画は、新製造建屋の建設や倉庫、従業員向け駐車場の増設8万平方フィート、および28万平方フィートにおよぶ既設製造施設の最適化も含む。

10月4日に行われた鍬入れ式には、ミシガンシティ市長などが来賓参加した。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。