商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.10.9(水)

MECT特集-出展機種紹介-
ノダキ 小間番号 2C18
高性能工業用内視鏡と簡易検査装置による検査工程の効率化、省人化提案

簡易検査装置
ノダキは、半導体製造装置、液晶関連装置など精密製品加工を得意とするタイショーの精密部品と、ドイツの内視鏡専門メーカー・カールストルツの工業用内視鏡を中心に、3社で共同開発中の簡易検査装置を用いて検査工程の省人化を提案する。

タイショーの精密部品では精密ノズル、金属ニードル関連の展示と、非粘着コーティング「TSコート」を併せて紹介し、塗布時の材料の糸引き防止、パイプ先端部の液溜り防止に効果を発揮するコーティングの提案を行う

カールストルツの工業用内視鏡は「ボアスコープ」と「ファイバースコープ」を展示する。ボアスコープはHOPKINSロッドレンズを使用することで深い被写界深度が特徴で、一般的なリレーレンズ方式に比べ、明るく高解像度でシャープなイメージが得られる。一方ファイバースコープは業界最小の外径0.35_からラインナップされている。タービンや配管、機械の内部など見えにくい部分も観察できるのが特徴。

ブースではこれらカールストルツの内視鏡と接続して画像を映すタイショーが開発した簡易検査装置を併せて展示し、作業者がスコープを直接覗かずモニター画像で検査を簡易的に行えるシステムを提案する。同社は今回出展する検査システムをベースとして搬送、画像処理による選定、選別等前後の工程を含めた検査システムのパッケージを提案していく。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。