商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.10.1(火)

MECT特集-出展機種紹介-
大昭和精機
レンチ1本だけで刃具の締め付けが行えるハイドロチャック (1D03)

大昭和精機は、操作性に優れ、レンチ1本だけで刃具の締め付けが行えるハイドロチャック。作業者の熟練度に依存せず、また締め付けの前後で工具長の変化がないため、簡単に目標の工具長にプリセットが行える。繰り返しの精度も安定しており、リーマ加工やバニシングリーマ加工、仕上げのエンドミル加工など加工精度を必要とする場合に最適なホルダである。自動車部品加工や高精度金型加工をはじめ、複雑なワーク形状や、治具の干渉など、複合加工機や5軸加工機におけるチャックの干渉も回避し、様々な加工で高い振れ精度を実感できる。スタンダードサイズの標準タイプから、干渉を抑えたスリムタイプ。先端からクーラントを吐出するジェットスルータイプ。

インターフェイスは二面拘束ビッグプラスBBT30、40、50。HSK-A40、50、63、100。HSK-E25、32、40、50。HSK-F63。BIGDAISHOWA CAPTO C5、C6。ST20、32。自動旋盤用にSL19.05、SL22など、各種機械に合わせたインターフェイスと豊富なサイズをシリーズ化している。刃具把握径はφ3〜φ42。最高60,000回転。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。