商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.10.1(火)

MECT特集-出展機種紹介-
アルプスツール 小間番号 1C74
長尺加工ワーク機外搬出装置シャフトワークアンローダ 「SWP-PB65」

SWP-RB65
テーマは「生産性効率アップへのご提案」。SWP-PB65は、最新の技術でリニューアルした対向2主軸CNC旋盤用の棒材搬出装置。

素材供給側短尺用バーフィーダASQ-51Uを仮装旋盤に見立てた装置とコラボしてシステムでの実演展示を行う。

長尺材の加工製品は、ロボットやローダーで旋盤から機外へ自動搬出することが困難であったため敬遠されてきたが、旋盤への一次供給側バーフィーダと二次側アンローダーをシステムで設備することにより長時間稼働と省力化が図れる。

一次供給側は、製品素材が旋盤主軸長さより短い場合は短縮材用バーフィーダASQシリーズ、長尺材からの多数個化工の場合はASRシリーズとシステム化することにより長尺シャフト加工製品の生産効率が大幅に改善される。

【主な仕様】
▽材料怪=φ10〜65mm(素材重量により制約がある)
▽材料長=200〜1500mm
▽ワーク重量=最大23kg/1本▽前進後退速度=500mm/秒
▽送出装置=ACサーボモーター
▽電源=AC200V 3PH 50/60Hz15kVA
▽エアー源=0・5〜0・7Mpa
▽機械質量=700kg。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。