商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.9.30(月)

昭和電工建材/ケイプラ会
9月27日、実務者研修会と懇親会開催

会長森沢一郎氏
会長森沢一郎氏が挨拶
実務者研修会
昭和電工建材(本社・神奈川県横浜市、社長寺田徹氏)の関東圏の流通組織「ケイプラ会」(会長森沢一郎氏=奥山管材機器社長)は9月27日、ホテルメルパルク東京で、実務者研修会と懇親会を開催、約40名が参集した。

研修会ははじめに森沢会長が「付加価値の高い商材を販売する事は、会社の為になり、皆さんにめぐりめぐってくる。一生懸命勉強頂き、懇親会でストレスを発散して、月曜日からの商売にお役立て頂きたい」と挨拶した。

実務者研修会では管材設備営業部管材グループの下山勇樹主任が講師となり「耐火二層管誕生ヒストリー、防火区画貫通厳格化の歴史」と題し、説明。

寺田社長が「皆さんにとって『ショウワ遮音FDP』を販売する事が必ず役に立つ。エンドユーザ―にもトータルコストで必ずメリットがある製品である」と更なる拡販を要請した。

商品研修会終了後、会場を移し、恒例の懇親会が催され、前田建設工業建築事業本部反保善夫設備設計部長が乾杯の発声を行い開宴。大いに盛り上がる中、お楽しみ抽選会・じゃんけん大会が行われ、同会の伊藤和寛副会長が「皆さんでワールドカップのようにスクラムを組んで、敵陣を突破して、住む人と皆さんと施工する人とって幸せになる商品なので頑張ってやっていきたい」と一層の拡販を誓い、威勢よく一本締めを行い、お開きとなった。
社長寺田徹氏 社長寺田徹氏が挨拶
前田建設工業建築事業本部反保善夫設備設計部長が乾杯 お楽しみ抽選会
伊藤和寛副会長 伊藤和寛副会長が一本で締めた

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。