商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.9.24(火)

パーパス
水抜き性能が向上。準寒冷地仕様 屋外壁掛形ふろ給湯器、10月1日に発売

準寒冷地仕様の屋外壁掛形ふろ給湯器
パーパス(静岡県富士市)は、準寒冷地仕様のふろ給湯器「GX-2403ZW-CA(24号フルオート)」「GX-2403AW-CA(24号オート)」など、計14 機種を10月1日に発売する。

新製品は、給水口フィルターのつまみ部分や追いだき戻り口部分を、水抜き作業がしやすい形状に変更。さらに、凍結による機器の破損を予防するため、注湯回路に水抜きパイプを追加することで本体内の水をよりしっかりと抜けるように改良した。冬期に不在期間の長い別荘などに最適という。

また、オートタイプには「通常浴槽設定」を追加した。小さい浴槽に対応する100L・120Lも選べるようになり、浴槽の容量や形状に合わせて細やかな水位設定が可能。

3面近接(後面+両側面)設置対応で、雨樋などの可燃物がある場合でも、離隔距離10mmまで近接設置できる。

さらに、塩害対策塗装を標準仕様とすることで、外装の耐久性が向上している。

PS標準設置形で、オートタイプ、フルオートタイプに各16号・20号・24号をラインナップ。希望小売価格は26万700円〜(税抜き)。PS扉内設置形も同様に取り揃えるが受注生産で対応する。同27万700円〜。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。