商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.9.13(金)

シチズン時計
シチズン製光発電スマートウオッチがCCCのクラウドファンディングで過去最高額1億円達成

光発電スマートウオッチ「Eco-Drive Riiiver」
シチズン時計(シチズン、本社・東京都西東京市、代表取締役社長佐藤敏彦氏)はライフスタイルを提案する企画会社のカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC、本社・東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO増田宗昭氏)の運営するクラウドファンディング『GREEN FUNDING』に、19年10月下旬より発売されるシチズン製光発電スマートウオッチ『Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)』を出品、過去最高の支援額である1億円を達成した。

シチズンはさまざまなデバイスを基点にヒト・モノ・コトを繋げるIoTプラットフォーム『Riiiver』に対応した光発電スマートウオッチ『Eco-Drive Riiiver』のビジネスを従来とは異なるアプローチで展開。

同製品は『Riiiver』と連携で自分の好きな機能を設定でき、気分やシーンに合わせて機能を入れ替えたり、『Riiiver』のスマートフォン用アプリの利用で、誰でも簡単に機能自体を作り、共有できる今までにない新しいスマートウオッチ。

今秋の発売に先駆け、新しいテクノロジーや新製品への感度が高いユーザーを抱えるクラウドファンディング「GREEN FUNDING」に出品、19年6月17日より『Eco-Drive Riiiver』の先行販売を開始するとともに、次世代ショールーム「蔦屋家電+」ではユーザー起点で自由に機能を設定できる『Eco-Drive Riiiver』の世界観を体感するための展示を行った。

その結果、開始からわずか30分で目標金額を達成、その後も過去最高の1億円を超える支援総額で8月31日にプロジェクトを終了、支援者へのリターンとして用意した在庫が完売するほどの人気を博した。

「Eco-Drive Riiiver」の概要はこちら
GREEN FUNDING」Eco-Drive Riiiverプロジェクトの概要はこちら

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。