商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.9.12(木)

東京管工機材商業協同組合
「管工機材の将来を考える研究会」・第41回合同支部会開催。橋本顧問の東京都功労者賞受賞が報告される

管工機材の将来を考える研究会講師
プロラグビーコーチ大西一平氏
管工機材の将来を考える研究会
第41回合同支部会
合同支部会で理事長向山英雄氏が挨拶
都議会議員顧問秋田一郎氏が挨拶
東京都功労者に選ばれて橋本政昭顧問がご挨拶
東京管工機材商業協同組合(理事長向山英雄氏)は9月6日、第41回合同支部会を明治記念館(東京都港区)で開催、約310名が参集した。はじめに「管工機材の将来を考える研究会」が「ラグビーから知る、強い個人と組織づくり」と題して講師の大西一平氏による講演が行われた。

大西氏は、まず勝つための自分づくりを紹介した。それによると「人生のどの局面においても勝利をもたらすのは、遺伝的要素より闘争心と戦う能力であることの方が大きい。戦う能力を備え持つものもいれば、後から手に入れるものもいる。そのスポーツを愛してやまなければ、いずれ必要なものは整うのである」と自身の成功実感について説明。さらに強度の腰痛やB型肝炎を乗り越えた事を語った。これらを踏まえ、「褒める事とタイミングの重要性、何か喜びや達成感を感じるときにこそ、人は変化することを知る。重要なのは結果を出すまでの行動に対して着眼し、リインフォース(表彰)することが大原則となる。正しい行動をリインフォースすることで、同じ行動を自発的に繰り返すようスキーム化しなくてはならない」と解説し、時間の使い方を変化させ、次に質や強さ時間を増幅させる取組みが重要であると強調した。

合同支部会で向山理事長は挨拶の前に橋本顧問が東京都功労者賞を受賞された事を報告。橋本顧問が登壇し、「自分としては一生懸命やったら頂けた。ここにいらっしゃる皆さんのおかげで頂けたと感謝している。10月1日に東京都知事から300人が表彰される」と喜びを表した。向山理事長は「今年はいろいろな行事があり、それに皆さんへの感謝の気持ちを込めて今日集まって頂いた。それぞれに協力して頂いた方々のお礼を申し上げる。10月9日に青年部会の行事として櫻井よしこ氏を迎え、講演頂く事になっている。皆さんのご参加頂き、青年部会の事業を成功させたい」と謝意と参加を呼びかけ、先に開催された大西氏の講演についてふれ、今後も「管工機材の将来を考える研究会」で皆さんと一緒に勉強していきたいと述べた。

秋田一郎都議会議員顧問は日頃の東京都行政に協力して頂いている事に謝意を表し「ラグビーは多くの皆さんに親しまれており、多くの皆さんに盛り上げて頂きたい。ラグビーとオリンピック・パラリンピックを通じて盛り上げていく事が底上げにつながっていく」と来賓挨拶。最後に橋本顧問の東京都功労者賞を受賞に祝意を示した。

第一支部から渋谷宏明支部長=アカギ社長、青年部の吉野恵太部会長=山利商事社長。
第二支部から浅野正夫支部長=浅野商事社長、青年部の齋藤真弘部会長=サイトーパイプ専務。
第三支部から佐藤大輔理事=永光機材社長、青年部の宇佐美是育部会長=タカムラ営業第一課課長。
第四支部から加藤木文康理事=野村機器社長、青年部の小川周一郎部会長=小川商会の8名が登壇し、各支部報告が行われ、教科書作成委員の落合智貴教科書作成委員長が「約240頁、15章だてで、約一年がかりで完成した。
はじめてつくってみて苦労がわかった。二年後を目途に改訂できればと思っている。今回網羅できないものもあったので、メーカーさんが掲載希望の商材があればお声がけ頂きたい」と挨拶。橋本産業の長澤清志執行役員が「編集に携わさせて頂きありがとうございました」と挨拶。協力団体の紹介が行われ、日本金属継手協会の森田和明専務理事が教科書作成行程にふれた後、「今後も皆さんと一緒に業界発展に尽力していきたい」と述べた。落合委員長は「印刷したものは残り約400冊。もうすぐ完売する。二年後にむけていいものをつくっていきたい。各社で活用頂きたい」と活用を呼び掛けた。関口博司実行委員長は「第51回管工機材・設備総合展は過去最高の開催となった。今後ともすばらしい商品を提供頂いたメーカーとマーケットの発展に頑張らせて頂くので、車の両輪のようにやっていきたい」と挨拶。関口実行委員長によるベストプレゼンテーション賞上位3社の表彰がおこなわれ、『最も印象に残った、楽しかったブース』で一位=カクダイ(得票数862)、二位=倉敷化工(得票数515)、三位=積水化学工業(得票数438)。『最も役に立った、勉強になったブース』で一位=積水化学工業(得票数446)、二位=日栄インテック(得票数360)、三位=キッツ、キッツマイクロフィルター、清水合金製作所、東洋バルヴ、三吉バルブ(得票数353)が表彰され、盾が授与された。支部対抗ゴルフ表彰では、優勝=第四支部(トータル242、平均スコア80.7)、準優勝=第一支部(トータル253、平均スコア84.3)三位=第二支部(トータル254、平均スコア84.7)、四位=第三支部(トータル271、平均スコア90.3)が発表され、代表して東和管材の清水静男社長とコーザイの貝沼信和社長と角産の角館慶治社長が登壇し、向山英雄理事長より表彰盆と賞金10万円の目録が授与された。(カワハラの河原淳一郎社長は欠席)。
全参加者のベストグロス賞は(スコア)アウト41、イン38、トータル79のコーザイ貝沼信和社長に輝き、橋本顧問から賞品のブルージャケットが贈られた。最後に青年部の齋藤真弘部会長が10月9日にヒルトン東京で開催が予定されている青年部合同研修会に更なる参加を呼びかけた。

意見交換会が行われ、橋本顧問の「皆さんの話を聞いて、つくづく皆さんの組合になり、皆さんの会になったと思う。是非今後もみんなの会で更に盛り上げていって頂きたい」という発声で乾杯した。
第一支部長の渋谷宏明理事 第一支部青年部会長の吉野恵太氏(右)
第二支部長の浅野正夫常務理事 第二支部青年部会長の齋藤真弘氏
第三支部の佐藤大輔理事 第三支部青年部会長の宇佐美是育氏
第四支部の加藤木文康理事 第四支部青年部会長の小川周一郎氏
支部長・青年部会長8名 教科書協力団体の皆さん
教科書作成委員会のメンバー 落合智貴教科書作成委員長
橋本産業 長澤清志執行役員 日本金属継手協会の森田和明専務理事
関口博司管工機材・設備総合展実行委員長が感謝を述べる 最も印象に残った楽しかったブース金賞を受賞したカクダイ
岡本良二支部対抗ゴルフ幹事から結果報告 東和管材の清水静男社長
コーザイ 社長貝沼信和氏 東和管材の清水静男社長に10万円の目録授与
橋本顧問からベスグロ賞の貝沼社長に
ブルージャケットが贈られた
橋本顧問からブルージャケットが贈られ、
喜びを表す貝沼社長
第二支部青年部会長の齋藤真弘氏が
青年部合同研修会をアピール
意見交換会で理事長向山英雄氏が
青年部合同研修会の参加を呼びかける
橋本顧問が乾杯の発声 橋本顧問が乾杯した。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。