商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.9.9(月)

大阪市水道局
受水槽方式の建物の非常用給水栓の設置認可。9月9日工事申込分より

大阪市水道局は9月9日、受水槽方式の建物において停電等が発生した際に給水を確保するため、非常用給水栓の直圧部への設置を認めると発表した。同日付工事申し込み分から適用する。昨年、台風21号が接近した際、一部マンション等の建物において停電に伴う断水が発生していたことを踏まえて対応するもの。

非常用給水栓は給水装置の改造工事となるため、大阪市の指定を受けている大阪市指定給水装置工事事業者を通じて、同水道局へ「給水装置工事」の届出が必要。なお、非常用給水栓はキー式水栓とし、常時使用は認めない。通常の水道使用と同様に、料金が発生する。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。