商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.9.6(金)

三谷産業
金沢工業大学と連携、「高接着性CFRP シート」研究開発を本格始動。老朽化を迎える橋梁の補修・補強

採択決定通知書交付式
左・谷本正憲石川県知事、 右・三谷産業梶谷忠博取締役
三谷産業(本社・石川県金沢市、社長 三谷忠照氏)は金沢工業大学(遠藤和弘教授・和田倫明研究員)と連携、日本国内で今後急速に増加する老朽化した橋梁の補修・補強工事にて、工期を大幅に短縮できる「高接着性CFRP(炭素繊維強化プラスチック)シート」の研究開発を開始する。

石川県産業創出支援機構より新技術・新製品研究開発支援事業である「いしかわ次世代産業創造ファンド助成事業」の採択を受け、9月4日、石川県庁にて採択決定通知書交付式が行われ、谷本正憲石川県知事より採択決定通知書が授与された。

今後、2024年からの販売開始に向けて研究開発・製品化を進め、販売開始後3年間で84億円以上の売上を目指す。
製品イメージ CFRP シートにプラズマ照射処理を施す様子

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。