商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.9.5(木)

キッツ
ユニメックグループ(マレーシア)と資本提携

キッツ(社長堀田康之氏)は4日、マレーシアの大手バルブ製造販売メーカー・販売代理店であるユニメックグループ(本社・ペナン州)と資本業務提携すると発表した。ユニメックの発行済み株式25・1%を約15・6憶円で取得する。

同社は「アジア地域のミドルクラス(ボリューム)ゾーンへの本格参入」を重点目標の一つに掲げ、アセアン各国に販売拠点を設立するなどの施策を進めているが、KITZ・TOYOブランド製品はハイエンド市場向けが主体で、新たな戦略として、新ブランド製品の開発・販売チャンネルの構築を検討していた。一方、ユニメック社は販売代理店として、アセアン・中国を中心に幅広い販売網を持っている。

今回の資本業務提携によりアジア地域におけるKITZ・TOYOとARITAブランドポートフォリオを構築、共同で有望な市場開拓で、市場シェアを拡大。ユニメック社の物流・サービス機能を活用し、合弁会社の設立も視野に入れる。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。