商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.9.5(木)

日立産機システム
荷振れ防止機能搭載ホイストの機種拡大

日立産機システム(東京都千代田区神田練塀町3、省力システム事業部=TEL:03‐4345‐6077)はこのほど、荷振れ抑制機能を搭載した新サドル用インバータユニットの販売を開始した。

ホイスト、サドルで好評を得ている荷振れ抑制機能の対象機種を拡大した。今回、V8シリーズ(4形)(30t以下)およびKシリーズ(30t以下)と組み合わせて、横行/走行2軸で荷振れ抑制を行えるよう新たにN-30S4を発売した。これにより、同社の荷振れ抑制機能を搭載した製品はホイスト13機種、サドル28機種となった。

荷振れ抑制機能は、熟練操作者でなくても後追い操作(追いノッチ操作)を自動で行い、荷振れを同機能が行わない場合と比較し約4分の1以下に軽減できるため、作業時間の短縮とともに、安全作業にも効果がある。

同社は、荷振れ抑制機能を搭載したホイスト、サドル用インバータユニットのラインナップを強化することで、市場優位性を高める狙いだ。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。