商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.8.29(木)

三菱電機
猛暑に強い空冷式ヒートポンプチラー「DT-RV」来春発売

三菱電機は、ビルや工場などで冷温水を使用して冷暖房を行う空冷式ヒートポンプチラーの新製品として、猛暑時にも継続した冷房運転と、業界トップクラスの省エネ性と省スペース化を実現した「DT-RV」を来春発売する。

新製品は、アルミ扁平管熱交換器の採用により、業界初の外気吸込温度52℃での冷房運転を実現(従来品の上限は 43℃)。猛暑や都市部のヒートアイランド現象などにより設置場所の外気温が高くなっても冷房運転を継続できる。

また、R32冷媒の採用などにより、環境負荷低減と省エネ性向上に貢献。新型圧縮機の搭載により、業界トップクラスのエネルギー消費効率3.28を実現する。さらに、新型圧縮機の搭載により、同サイズで大容量 70 馬力までをラインアップ。屋上など限られたスペースでも少ない台数で設置でき、配管などの付帯設備も削減でき、設備コストの削減や省施工化に貢献する。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。