商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.8.1(木)

日本鍛圧機械工業会
MF-TOKYO2019開幕。最新の技術が一堂に集結

プレス・板金・フォーミングマシンなど鍛圧機械を一堂に集めた「MF‐TOKYO2019」(日本鍛圧機械工業会、日刊工業新聞共催)が7月31日から東京ビッグサイトで開幕した。

今年で6回目(隔年開催)となる今回は、254社・団体が西館1・2ホール、南館1・2ホールを使用し1717小間に出展、前回(17年)の265社、1669小間に比べ小間数で過去最高の規模となった。

西館は、コマツ産機、アマダオリイ、アイダエンジニアリングなどプレス機械を中心に、フォーミングマシン、板金機械が最新技術を披歴、西アトリウムには周辺機器やソフトウェアなどが集結。新設の南館は、アマダ、トルンプ、ヤマザキマザック、村田機械・三菱電機などレーザ加工機を主体とする板金機械が技術を競っていた。会期は8月3日まで。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。