商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.7.19(金)

伊東電機
刈谷プライベート展 盛況

PV展in刈谷
NHKが取材
伊東電機(兵庫県加西市、社長伊東徹弥氏)は7月2・3日の両日、愛知県刈谷市の産業振興センターあいおいホールで「PV展in刈谷」を開催。計800人近くが来場し、盛況だった。

刈谷での開催は昨年に続き2度目。「前回より明らかに来場者が増え、徐々に当社のMDR式マテハンの認知が広がっていると実感する。刈谷はトヨタ系列のお膝元。繰返しPRすることで、さまざまな部署の方にメリットを伝えていきたい」と就任間もない伊東社長は手応えを語る。

会場では新製品の無人ピッキングシステム「TAPS」や、1時間当たりの処理能力が6000ケースを超える高速ソーティングシステム「MM-6000」を中心に、同社独自のコンベヤ駆動源「MDR」と通信制御技術を融合させることでさまざまな自動化が可能になるデモを紹介。人手不足や技術者不足を解消するヒントを提案した。

このほか、MDR式マテハン導入による具体的な成功事例紹介コーナー、モジュールプラットフォーム「id-PAC」については、実際にセットアップできる体験コーナーを新たに設置。とくに“止めない物流”を実現する新機能「id MEMS」のセミナーが関心を集めていた。

また、両日とも業界キーパーソンによる特別セミナーを会場内で開催し、自動運転に向けた国の取組みや、自動車部品物流のシームレス化、ロボティクスによる通販物流の課題解決といった情報を提供した。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。