商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.7.17(水)

オプテックス・エフエー
ラベル印字検査システム「HVSシリーズ」 ソフトの操作性が向上

オプテックス・エフエー(京都市下京区)はこのほど、ラベル印字検査システム「HVSシリーズ」の卓上型「HVS-LC」とコンベア一体型「HVS-CV」をリニューアル。専用ソフトウェアの改良と機体の省スペース化を図った。

同シリーズは、主にコンビニやスーパーに出荷する弁当や総菜を製造する中食業界向けのラベル印字検査システムで、弁当や惣菜に貼付されている食品表示ラベル内の商品名や日付、バーコードや原材料名などの全情報を検査する。従来の目視検査からの置き換えにより、検査効率向上に貢献する。

専用ソフトウェアの改良では、NG判定の際に検査結果とともに登録画像を同時に表示し、NG判定の原因を即座に特定できるようにした。さらに、ラベルの登録内容をネットワーク経由で他の検査装置に共有でき、運用開始前のラベル登録作業の工数を削減する。

HVS-CVについては、コンベア幅を1000mmから600mmに短くすることで省スペース化を実現。新たにパワーフォーカス機能を搭載し、品種に合わせてカメラ高さを自動で調整する。あらかじめ登録した品種を選択するだけで、ピントの合った高精度な検査が可能になる。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。