商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.7.8(月)

TOTO
商標誕生から50年「責任の誇りを示すサイン」

TOTO(福岡県北九州市、社長喜多村円氏)の商標「TOTO」が7月1日、誕生から50年を迎えた。
同社は1917年に創立。以来、トイレや洗面器などの衛生陶器だけでなく、水栓金具、日本初のユニットバスルーム(JIS規定による)、洗面化粧台などさまざまな住宅設備を手がけてきた。

こうした背景と合わせ、創立時からの社名「東洋陶器(Toyo Toki)」を略して一般に使用されることが多かった“東陶”という呼び方との整合を図り、1969年7月1日に商標を「TOTO」とした。

商標のデザインは深野匡氏が手がけた。識別性・視認性・普遍性・国際性に配慮し、さらに高度経済成長を背景としたスピード社会に突入したことから、電車や自動車など乗り物から見たときに読みやすくするためにシンプルなデザインとした。

また、この商標には、住宅設備機器の総合メーカーとして世界の市場をめざし、高い品質にさらにみがきをかけるという想いが込められているという。厳しい各種検査に合格した商品だけに刻印されるTOTOのマークが責任と誇りを示すサインであると考え、世界中の同社商品に刻印している。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。