商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.7.2(火)

ダイキン工業
HFC-32使用空調機の特許権不行使の誓約を宣言。HFC-32への転換をさらに加速

ダイキン工業は1日、HFC-32(R32)単体冷媒を用いた空調機の製造や販売等に関する特許の権利不行使の誓約を宣言したと発表した。

HFC-32はオゾン層を破壊せず、温暖化係数は従来使用されてきた「R410A」の約3分の1であるなど、空調機の環境影響を抑制するための多くの特性を備えている。同社はHFC-32を使用した家庭用空調機を12年に世界で初めて発売。現在ではHFC-32家庭用・業務用空調機は、世界60ヵ国以上で販売されている。

この誓約の対象となる特許について、書面による契約をする事なく無償で使用可能にする事で、従来使用されてきた冷媒よりも地球温暖化に対する影響が低いHFC-32の普及をさらに促進する考えがある。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。