商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.7.1(月)

神奈川県機械器具機材商業協同組合
6月28日、創立40周年記念総会、懇親会開催

神機恊40周年総会
理事長 高島伸一氏
理事長 高島伸一氏が挨拶
神奈川県機械器具機材商業協同組合は6月28日、神奈川県横浜市のローズホテル横浜で設立40周年記念総会と懇親会を開催、来賓、正会員・賛助会員など65名が参加し、祝い合った。

式典は川合一央理事(川合機工社長)の開会の辞に続き、理事長高島伸一氏(高島商店社長)が神機恊40年の歩みについてふれ、「昭和54年6月横浜、川崎、西部、横須賀の各組合並びに任意団体の代表が協議を重ねて、それから40年たった。景気のいい時、悪い時もあったが、皆さんの協力のもと、組合がしっかり運営できた事に感謝する。本日は多数の方々がお出で頂いているので、議案審議を頂き、これから記念講演会、懇親会と時間の許す限り、40周年を楽しんでいただきたい。10年後は50周年になる」と新たな決意を示した。

議事では、平成30年度事業・会計報告、平成31年度事業・予算計画などすべての議案が原案通り承認された。

来賓を代表して全日本機械工具商連合会の会長坂井俊司氏は神奈川県機械器具機材商業協同組合が創立40周年を迎えられた事に祝意を表した後、「神奈川では様々な業態・規模の製造業があり、通販が普及した現在でも、機械工具商の皆さんの営業力、対応力そして活きた情報を必要とされている。全日本機械工具商連合会としても、皆さんとともに連携して様々な課題に一結になって取り組んでいきたい。この40周年の節目にして、 さらに組合員各社の結東を強め、 一層の業界発展と我が国の製造業の支えとなるべく、尽力いただく事を期待している」と祝辞を述べ、東京西部機械工具商業協同組合の理事長中野芳徳氏からの祝電が披露された。

そのあと、経済産業省製造産業局産業機械課生産機械一係の浅井政人係長による「平成31年度経産省関係予算のポイント(中小企業施策を中心に)」と題した記念講演会が開催された。

引き続き開催された懇親会で神奈川県中小企業団体中央会の鎮野政孝組織支援部長が「40年を振り返ると皆さんはいい時代を過ごされてきた。令和元年を機にますます飛躍されて進んでいかれると思う。人手不足、高齢化、企業の生産性向上が騒がれている。生産設備の導入がこれからの社会の必須の課題となっている。仕事が増えて、活躍が期待される業界で、我々も大変期待している業界団体である。41年から50年にむかって皆さんで一緒に走り出していって頂きたい」という発声で乾杯。和やかに歓談が行われ、音楽演奏よる余興が行われた。
全日本機械工具商連合会の会長 坂井俊司氏 全日本機械工具商連合会の会長 坂井俊司氏が祝辞を述べた
経済産業省製造産業局産業機械課生産機械一係
浅井政人係長
神奈川県中小企業団体中央会
鎮野政孝組織支援部長
鎮野政孝組織支援部長が乾杯した 音楽演奏よる余興が行われた

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。