商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.6.24(月)

全日本機械工具商連合会
20日、総会・懇親会開催。統計データの作成と働き方改革推進、若い人達が魅力を感じる業界に
会員増強、全国組織展開へ。大阪大会を成功へ

全機工連総会
会長 坂井俊司氏
全日本機械工具商連合会(全機工連、会長坂井俊司氏)は6月20日、東京・港区のトラスコ中山東京本社で19年度(令和元年)通常総会を開催した。

総会では、18年度事業報告・決算、19年度事業計画・予算などの議案が承認された。関谷隆雄氏(東京都機械工具商業協同組合 常任理事6年)が参与を委嘱された。

坂井会長は、トラスコ中山の中山哲也社長をはじめ会場の手配をして下さった社員の方に謝意を示し、活発な議論を呼び掛けた。大阪機械器具卸商協同組合の江角幸裕専務理事より全機工連第43回大阪大会の実施要項が発表された。

このあと、各地区からに全機工連統計データの作成(業界売上、会社数、従業員数など)ついての議論が行われた。最後に水谷隆彦副会長会(愛知)が閉会挨拶した。

懇親会では中山哲也副会長が会議室と社員食堂のトラスコ中山流の有効活用についてふれた後「全機工連として各地区の組合活動を活発にもりあげて頂き、力強く明るい楽しい業界にしていきたい」と発声、乾杯。和やかに歓談が行われ、小池達夫副会長が三本で締めた。
関谷隆雄参与 活発な論議が交わされた
高島伸一理事 全機工連の一條茂事務局長
水谷隆彦副会長 全機工連総会の小池達夫副会長
懇親会の中山哲也副会長 中山哲也副会長が乾杯
懇親会の小池達夫副会長 小池達夫副会長が三本締め

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。