商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.6.7(金)

ベン
6日、第33回関東桃友会総会開催。ヒット商品開発など、他社追随なく、価格競争に走らない販売を目指す

会長 田村章氏
司会の西村崇 東京営業所長
2019年度 第33回関東桃友会総会
ベン(社長鈴木一実氏)の関東地区販売店による組織「関東桃友会」(会長田村章氏=田村商店社長)は6月6日、第33回定期総会を東京・リファレンス新有楽町ビルで開催。会員総数47社のうち33社が出席し、田村会長以下役員全員の留任、平成30年度事業報告・決算報告、今年度の事業計画などを決めた。

総会は西村崇東京営業所長の司会で始まり、挨拶に立った田村会長は「これからも新工場で新製品をどんどんつくって頂き、我々関東桃友会が拡販に努めていきたい」と意欲を表した。

議案審議のあと、梅内修取締役東日本営業部長は「皆是非皆さんにどんどん提案を出して頂き、検討させて頂き、商品化していきたい」と述べた。

同会事業の柱の一つである製品開発改良提案表彰は同会で72件の提案があり、うち5件が採用となった事を紹介。鈴木社長より5件が表彰された。

総会終了後、鈴木社長は「開発に力を入れていくので、びっくりするような商品を生み出し、皆さんのご商売の力になりたい」と語った。梅内修取締役東日本営業部長が組織図、品目別売上構成比率、全国バルブ類生産実積などについて述べた。

このほか、新商品のステンレス製定水位弁・圧力式バキュームブレーカ・ステンレス製高温用ボール式電動弁・ステンラス製ボール式電動三方弁と販売強化商品の消火設備用自動弁について宮本孝志東関東営業所長が説明した。

代表取締役会長横沢好夫氏が「ヒット商品開発など、他者が追随できなく、価格競争に走らない安定した価格で販売できる事を目指している。今後とも皆さんのご協力を得て、ますます栄えていきたい」と謝辞を述べた。
会長 田村章氏と3役員 梅内修 取締役東日本営業部長
梅内修 取締役東日本営業部長が提案事項を報告 社長 鈴木一実氏
梅内修 取締役東日本営業部長から
製品開発・改良提案表彰について報告
日本管材センター会長 関根唯夫氏が
同社代表で鈴木社長より表彰された
成田機材社長 中嶋哲寛氏が製品開発・改良提案で表彰された 宮本孝志 東関東営業所長が新商品等を説明
代表取締役会長 横沢好夫氏 代表取締役会長 横沢好夫氏が謝辞

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。