商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.6.7(金)

パロマ
オランダのボイラー・給湯器メーカーを買収。欧州市場に進出

パロマ(名古屋市)が100%出資する米国子会社の「Paloma Rheem Global, Inc.」(ジョージア州アトランタ)は5月31日付けで、オランダのボイラー・給湯器メーカー「Intergas Verwarming B.V.」(クーフォルデン、以下「IV社」)の全株式の取得し、買収した。

同社グループは、グローバルな温水事業を中核事業の一つとして、日本の国内市場を基盤に、海外では米国、豪州、南米等を中心に事業を拡大しており、欧州市場での初の拠点として今回の買収を実行した。

IV社は、欧州の家庭用高効率ボイラー・給湯器市場で高いブランド力と先進的な製品を有するオランダのトップメーカー。創業は1939年で、19年の売上高(予想)は1億8200万ユーロ。国内シェアは40%。欧州の家庭用市場で主流であるガスのコンビボイラー(給湯暖房器)を中心に、給湯器、暖房機を製造・販売し、英国等の欧州市場のほか、北米市場にも事業拡大を進めている。

同社はIV社を傘下にすることにより、「製品や市場の拡大のみならず、技術開発や生産・調達面においても大きなシナジー効果をグループとして実現できる」と考えている。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。