商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.6.7(金)

ノーリツ
業務用でエコジョーズ化推進。従来タイプと同サイズの50号 9月発売

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、宿泊施設や入浴施設などの業務用市場向けに、屋外壁掛形の高効率50号業務用ガス給湯器「GQ-C5042WZ・エコジョーズ」を9月2日に発売する。従来タイプと同サイズのため高効率タイプへの取り替えが容易に行え、業務用市場でのエコジョーズ化を推進する。

ガスの消費量が多い業務用分野における給湯器のエコジョーズ化は、経済面・環境面の両方において重要だが、高効率タイプの給湯器は排気熱を回収する2次熱交換器を内蔵するなど構造が複雑で、従来の給湯器に比べて大型になる傾向がある。

同商品は独自の新設計により容積を25%削減して従来タイプの「GQ-5011WZ」と同サイズ(幅480×高さ750×奥行300mm)とし、質量は5kg減の 51kgを実現、50号の高効率ガス給湯器では業界最小・最軽量という。これにより、限られたスペースでの設置性の向上と、搬入・施工時の負担の軽減を図った。

また、複数台の「GQ-5011WZ」をマルチ設置している場合は、予算にあわせて1台ずつ段階的にエコジョーズ化することも可能だ。

さらに、運転状態を24時間監視する「遠隔監視システム」を導入(実質月額900円〈税別〉)すると、故障発生時には同社コンタクトセンターに故障情報を自動で通知。修理担当者は、機器から離れた場所でも機器の詳細状況が確認できる。出動前に修理内容を予測し、修理時間を短縮できる。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。