商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.6.5(水)

埼玉県管工機材商組合
4日、第29回通常総会開催。共存共栄して、魅力のある会に発展していきたい

総会の理事長 松本充弘氏
松本理事長が議長に
埼玉県管工機材商組合(理事長松本充弘氏)は6月4日、さいたま市のラフレさいたまで第29回通常総会を開催した。

まず松本理事長が挨拶。議事では2018年度事業・会計報告を行い、2019年度の事業計画・予算などを決定が報告された。役員改選で松本理事長は再任され、続投が決まった。

引き続き、石井祐司氏による「国際環境雑感」と題した講演会が行われた。

この後の懇親会で松本理事長は先に行われた総会の議案がすべて滞りなく終了できた事を報告、「中国の吉林省にうちの会でも一度行ってみたい。5月1日に改元が行われ、令和となった。国民全体が身も心も新たな気持ちになった。激動の年になる事が予想される。共存共栄して、魅力のある会に発展していきたい」と挨拶した。賛助会員を代表してTOTOの北山昇一北関東支社長が足元の市況についてふれ「ここにお集まりの皆さんとリフォーム市場の需要創造で、一緒に刈り取っていきたい」と発声、乾杯した。 

和やかに歓談が行われた後、管材屋の岡田太陽常務がタイの研修会についてふれた後、「青年部の会長に再任された。この2年間、青年部活動を真剣に取組む」という音頭で三本締めを行った。
懇親会の理事長 松本充弘氏 懇親会で理事長 松本充弘氏が挨拶
TOTOの北山昇一北関東支社長 TOTOの北山昇一北関東支社長が乾杯
管材屋の岡田太陽常務 管材屋の岡田太陽常務が三本で締めた

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。