商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.5.28(火)

東京都機械工具商業協同組合
5月23日第73回通常総会開催

小池理事長
京セラ斎藤氏乾杯
役員の方々
東京都機械工具商業協同組合(理事長小池達夫氏)は5月23日、東京・港区のアリスアクアガーデン田町で第73回通常総会を開催し、各議案を可決、承認した。

この中で支部の運営について協議され、現在の8支部を4支部に統合することを決めた。2年後の実現をメドに調整を行う。現在の組合員は233社、賛助会員129社の構成で、千代田、中央、港、台東、江東、城南、蒲田、北の8支部が活動している。しかし、近年は会員の減少傾向が一段と強まり、各支部とも会員減少に足止めをかけようと努力しているが、転廃業や脱会が増える一方。30年前の1989年には正会員が550社で、ほぼ半減している。

このため支部活動にも支障をきたしているのが現状で、事業活性化のためにも支部会員の一定規模が必要と判断、統合案が浮上した。

ただ、これまでの支部はそれぞれ独自の定例事業などを展開していることから、即座に統合に踏み切れない事情もあり、準備期間として2年間を設定した。具体的には@千代田・中央・台東A城南・蒲田B江東・北C港、という組合せになる。

総会では 冒頭、小池理事長(写真)は「平成の終わりから令和の初めにかけて大事な時に理事長を仰せつかり、重責を感じる。一丸となって結束を強め、事業活動を展開していきたい。ご出席を賜っている賛助会員の皆様には当組合、業界発展のためにさらなるご協力、ご支援をお願したい」とあいさつした。

今回は役員の任期満了に伴う改選があり、関谷隆雄副理事長(関谷機工)が退任、長谷川浩司氏(長谷川工機)が新副理事長に就任した。

総会終了後に同所で懇親会を開き、情報交換などを行った。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。