商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.5.24(金)

パナソニック
インドにショウルーム 5月17日、バンガロールに開設

パナソニック(株)ライフソリューションズ社は、キッチンやバス、トイレなどの住宅設備・建材を展開するハウジング事業の海外展開強化の一環として、インドで同社初となるショウルームを5月17日、バンガロールに開設した。また、19年度中に南インド・西インド地区を中心にキッチンのフランチャイズ販売店を11店舗まで増やし、販売流通網の強靭化を図る。これらにより、25年度のインドにおける住宅部材の売上高100億円をめざす。

インドでは、所得水準の向上や都市部への人口流入により住宅市場が拡大している。住宅着工数は年間約800万戸で、都市部を中心に需要の増加が続くと見込まれている。

同社はこのような旺盛な需要に対応するため、17年7月から同国バンガロールでキッチンのテストマーケティングを開始。建築家やインテリアデザイナーを対象にキッチンの提案活動を行ってきた。今回のショウルーム開設により、デベロッパーや一般顧客までを対象に含め住宅部材の提案をさらに強化する。

ショウルームの概要は次の通り。
▽名称=パナソニック リビング ショウルーム インディラナガル
▽展示スペース=2階建て 約400平方メートル
▽主な展示製品=キッチン、アラウーノ(トイレ)、洗面台、内装ドア、床材、シャワー、靴と服の収納。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。