商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.5.20(月)

日本能率協会
7月3、4日「2019工作機械関連技術者会議」を開催

日本能率協会(会長中村正己氏)主催による「2019工作機械関連技術者会議」が7月3、4日の2日間、東京都港区の三田NNホールにて、開催される。

2019(令和元年第48回)工作機械関連技術者会議では、ものづくりの原点に立ち返り、若手から中堅の技術者が習得していなければならない設計の基本技術から加工の最先端技術を紹介する。

設計技術として、設計者の意図した「もの」を短いリードタイムと低い開発コストで製造するために、形状の精度情報を幾何公差で表現することの重要性やトポロジー最適化による効果的設計の可能性について解説。最先端加工技術として、工場の見える化による工程・プロセスの変革技術、加工状態の見える化による製品の高品質化技術、高速・高精度加工で高品質な加工面を生成する技術について紹介。設計・加工技術は、若手から中堅の技術者にとって極めて重要で必須技術で、管理者や営業担当者にとっても非常に有益な内容になっている。

同会議は、注目の最新工作機械技術について情報を収集するまたとない機会。日本工作機械工業会会員企業は後援団体料金が適用され、参加できる。

2019工作機械関連技術者会議プログラム等はこちら

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。