商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.5.14(火)

ジャパンホームシールド
建物検査実績が20万戸突破。前年比1・4倍

LIXILグループで戸建住宅の建物検査・地盤調査など住宅に関する業務全般を手掛けるジャパンホームシールドは、実施した建物検査実績が19年3月末に累計20万戸を突破したと発表した。前年比では1・4倍の伸長という。

昨年4月に施行された宅地建物取引業法の改正に伴い、既存住宅売買時の建物状況調査への関心が高まっている。

同社は03年に新築住宅の建物検査業務をスタート、12年からは既存住宅検査業務も実施している。今後も既存住宅流通市場の活性化に伴いニーズが高まることが予測されることから、18年から不動産事業者向けにオンラインサービスも始めた。同サービスはWEBで調査の申込みができると同時に、パンフレットや運用マニュアル、補修ガイドブックなどのツールもダウンロードできる。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。