商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.5.7(火)

キャタピラージャパンと大成建設
掘削・積込の無人施工化に着手

キャタピラージャパン合同会社と大成建設は共同で、電制御が可能な次世代油圧ショベル「Cat 320」をベースマシンに、掘削・積込などの作業を自動化する技術開発に着手した。両社は今後、各種建設機械の作業自動化に向けた技術開発を順次進め、一定規模の建設現場内で複数の建設機械を自動連携させた無人化施工の実現を最終目標に取り組み、深刻化が予想される人手不足に対応するとともに生産性向上をめざす。

Cat 320は、電子制御油圧回路の搭載による高精度な半自動施工を実現する2Dマシンコントロールやバケット積載量計測システム(Catペイロード)を標準装備なうえ、機体がCANによる制御に対応している。

開発の第一段階として、大成建設が14年に開発した遠隔操作と自律制御可能な建設機械システム「T-iROBOシリーズ」のうち、自律割岩システムをCat 320に実装し、昨年6月に作動テストを実施。本体に改造を加えることなく、直径1.5b級の大型岩石の割岩作業では90%以上の高い精度で自律作業が確認されたという。

第二段階として、18年7月からは建設現場で頻度の高い土砂ピットの掘削とダンプ積込作業を自動化するアルゴリズムの構築を開始。熟練工の運転技術をデータ化し、基本的な掘削積込動作を自動で円滑に動作させることと、普通ダンプトラックとの連携に注力した。将来的にはAI技術の有効活用も視野に入れている。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。