商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.4.19(金)

タンガロイ
合金加工用カッタ 4月19日に発売

タンガロイ(福島県いわき市好間工業団地11の1、社長木下聡氏)は、耐熱合金高能率加工用カッタ「CeramicSpeedMill(セラミック・スピード・ミル)=写真」を4月19日に発売した。

インサートには、仕上げ加工に適するTS200と、スケーリング(変質層)除去加工および荒加工用途に適するTS300、カッタボディは、工具径63mmとφ80mmのボアタイプを標準設定。

標準価格(税別)は、カッタボディが7万4200円、8万5800円、インサートが2710円。初年度2000万円の販売を見込んでいる。

また、アルミ合金などの非鉄金属加工用超微粒PCD材種「DX110」を同日発売した。

従来のT-DIAシリーズにDX110を加えたことで、幅広い非鉄金属加工に対応が可能となる。全7アイテムで、標準価格(同)は3570円〜4200円。初年度5000万円の販売を見込んでいる。
問い合わせは、同社マーケティング本部広告宣伝担当(TEL:0246‐36‐8561)

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。