商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.4.8(月)

全日本機械工具商連合会
関東ブロック会議を茨城・日立にてさくらまつりにあわせて初開催

茨城機工会の会長小林一也氏
茨城機工会の会長小林一也氏が挨拶
全日本機械工具商連合会(全機工連、会長坂井俊司氏)は4月6日、茨城機工会が主催で茨城県日立市にて関東ブロック会議日立さくらをみる会を開き、懇親が図られた。当日の出席は約40名。

開催にあたり茨城機工会の会長小林一也氏は「会社を設立から30年になる。一條茂事務局長から今回の日立さくらをみる会のお話しを頂いた時はゴザで会合しようかという話もあったが、別の形で開催準備ができた。今日は一日、日立を楽しんで頂きたい」と挨拶し、平和通りについて語った。さらに「戦後の焼け野原に平和を記念して桜を植えた事が発祥。日本のさくら名所100選の地に選ばれ、約2`続いている。50年以上たってリタイヤする桜もあるが、今日は見頃になっている」と日立の魅力を感じてもらいたいと呼びかけた。 その後、情報交換や新たな時代への対応などが話合われ、和やかに歓談が行われた。

全日本機械工具商連合会関東ブロック会議が茨城県で開催されるのは初めて。全機工連では今後も各ブロックの地方開催を計画していきたいとしている。
茨城機工会の会長小林一也氏と交流を図った
全機工連の会長坂井俊司氏(右)
全機工連さくらを見る会
第57回日立さくらまつりで賑わった平和通り 第57回日立さくらまつりポスター

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。