商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.3.30(土)

日伝
「M-Tech名古屋」で省人化等を提案

協働ロボットの展示
日伝(社長福家利一氏)は、4月17日から始まる「第4回名古屋機械要素技術展(M-Tech名古屋)」に出展し、省人化・IoT・機械要素部品・環境改善をメインに、工場での困りごとに対する最適なソリューションを提案する。
小間番号は11-42(第1展示館)

主な出展製品は次の通り。()内は仕入先名。
【省人化】
▽多用途ツールチェンジャーロボットシステム
▽多面外観検査ロボットシステム
▽油圧機器保全、メンテナンス(以上、MEKASYS)
▽協働ロボット(デンソーウェーブ、川崎重工業)
【IoT】
▽稼働監視(パトライト)
▽予防保全(エム・システム技研)
▽異常解析(R.O.D)
▽工数削減 (シュナイダーエレクトリックホールディングス+テクノツリー)
▽デジタル作業分析(ペガサスミシン製造)
【機械要素部品】
▽精密減速機(日本電産シンポ)
▽制御システム製品(SUS)
▽ハンド・チャック(帝人エンジニアリングなど)
【環境改善】
▽NEBULE [マイクロミスト噴霧型加湿器](空間洗浄Lab.)

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。