商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.3.27(水)

オムロン
4月より太陽光発電システム用パワーコンディショナ発売。小型・軽量・高効率で住宅にも産業用にも対応

オムロン(本社・京都市下京区、代表取締役社長CEO山田義仁氏)は戸建て住宅や小規模工場などの産業用建物の屋上設置向けとして、総発電量アップと施工性向上の両立を実現した太陽光発電システム用単相パワーコンディショナ「KPW―Aシリーズ」を4月より発売開始する。

総発電量アップと施工性向上を実現したパワーコンディショナ。主に産業用でニーズの高まりを見せている過積載に対応。パネルの搭載枚数を増やすことで同社最高率の250%以上の過積載を実現。高電流入力により高効率化が進む太陽光パネルにも対応。総発電量の最大化により売電収入の拡大や自家消費ニーズの実現に貢献。昨年4月に発売した「KPVシリーズ」の小型軽量化を継承、本体重量20kgの実現により1人での施工作業を可能にした。

省スペース設計により住宅北側の限られたスペースにも設置が可能。施工工数の大幅縮小により初期投資費用の削減に貢献する。価格はオープン(全て)。今後3年間で6万台の販売を目指す。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。