商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.3.18(月)

日本バルブ工業会
バルブフォト五七五コンテストの各賞決定

最優秀作品賞 バッタさん(新潟県) 水栓群
塩引きに かかせぬ水の 栓となる
日本バルブ工業会(会長中村善典氏)は、「バルブは生活、産業を支える重要機器であり、一般の認識を高めたい」として3月21日の「バルブの日」にあわせて「バルブフォト五七五コンテスト」を実施し、このほど最優秀作品賞をはじめ、各賞を決定した。

作品は、バルブが社会生活の中でどのように役立っているか、写真と川柳で表現するもの。今回の第8回コンテストは昨年9月から今年1月末まで作品を募って実施した。今回は応募者数248名、応募作品502点、共に前回(198名・433作品)を上回り、過去最高を記録した。

【各賞】
■最優秀作品賞(賞金10万円)1名
■広報委員長賞(賞金3万円)1名
■優秀作品賞(賞金3万円)3名
■入選(賞金1万円)10名
広報委員長賞 トール(東京都) ため池バルブ
風やんで バルブも映す 水鏡
優秀作品賞 Himagine(神奈川県) 鳥たちの水飲み場
鳥たちに 水場取られて 乾く喉
優秀作品賞 makaho(和歌山県) 後掃除
水光る 衛生管理 魚市場
優秀作品賞 小野田淳二(東京都) 汽関車の運転室
運転手 夢見て操つる バルブ群
入選 中川雄喜(愛媛県) 夏過ぎて
酷暑去り 水栓やっと 一服し
入選 桂(新潟県) 山里の水路
ふるさとは 変わらぬ景色 水の音
入選 小倉正紀(京都府) くらしを守る
原風景 絶やさぬ心 水柱
入選 kaji4123(石川県) アート
宇宙(そら)を舞う 美しのオブジェ アートなり
入選 森田章(埼玉県) 街中の造形美
造形美 セピアの街が フルカラー
入選 じゃばるぶ(神奈川県) 桜映えする宵のバルブ
夜桜に バルブも少し 華やいで
入選 ムイカイチ(広島県) 片隅のベンチ
本来の 役目終えても 貢献し
入選 なもなも(埼玉県) 冬空
冬空の 乾燥防ぐ バルブかな
入選 aym(埼玉県) 初めての蒸気機関車
たくさんの バルブに歴史が 詰まってる
入選 橋本禎寛(福岡県) 固いバルブ
回らない 手も足も出ず 歯も立たず

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。